プレスリリース

最新情報をご覧ください

高度検索
  • 2024年02月16日

    複数年にわたるパートナーシップ契約を拡大することを発表しました。この契約拡大には、Workday によるマクラーレン F1 チームのオフィシャルパートナーの継続も含まれています。Workday のロゴは、マクラーレン F1 チームのドライバーであるランド・ノリス (Lando Norris) とオスカー・ピアストリ (Oscar Piastri) のマシン、マクラーレン MCL38 のリアウイングに描かれ、現地時間 3 月 2 日のバーレーングランプリに先立つプレシーズンテストでサーキットデビューを予定しています。また、2024年 F1 シーズンは、マクラーレンのチームキットにも Workday のロゴが配されます。

  • 2024年02月05日
    日本市場における事業成長へのコミットメントを強化

    ワークデイ株式会社の社長に古市 力 (ふるいち ちから) が就任し、日本という重要な市場における Workday ビジネスの責任者となることを発表しました。古市は 2 月 19 日付で着任し、Workday グローバルセールス担当プレジデントであるパトリック・ブレア (Patric Blair) の直属となります。

  • 2024年02月01日
    強力なビジネス モメンタム、国際的な事業拡大、リーダーシップチームの成長を達成した 1 年間を経て正式に任命される

    2024 年 2 月 1 日付でカール・エッシェンバック (Carl Eschenbach) が CEO に就任することを正式に発表しました。エッシェンバックは、Workday の共同創業者、 共同 CEO、会長であるアニール・ブースリ (Aneel Bhusri) と共に、2022 年 12 月から共同 CEO を務めていました。

  • 2024年01月23日
    AIの責任ある開発と導入に関しては、ビジネスリーダー、現場社員ともに不安視

    「AI の導入はビジネスを改革する大きな好機になる」という点ではビジネスリーダーも現場社員も意見が一致しました。その一方で、「今後 AI が責任ある形で導入されるか」という点は不安視されています。この点についてはビジネスリーダーよりも現場社員の方が懐疑的な見方が強く、社内において AI への信頼度にギャップがあることが明らかになりました。

  • 2023年12月14日
    ビジョンの完全性と実行能力が評価され、「リーダー」に選出される

    Gartner, Inc. 発行の「ファイナンシャル プランニング ソフトウェアに関するマジック クアドラント (2023 年)」において、「リーダー」の評価を獲得したことを発表しました。これは、同部門が創設された昨年に引き続き、2 度目の選出となります。

  • 2023年12月06日

    最高財務責任者 (CFO) 向けソリューションの勢いが継続していると発表しました。現在、Workday ファイナンシャル マネジメントおよび Workday Adaptive Planning は、ヘルスケア、ファイナンシャルサービス、リテール、テクノロジー、公共部門などで、財務やワークフォース、業務データの統合型クラウドベースシステムへの一元化に活用されています。

  • 2023年12月06日
    第 3 四半期の総収入 18 億 7,000 万ドル (前年比 16.7% 増)
    サブスクリプション収入 16 億 9,000 万ドル (同 18.1% 増)
    12 カ月間サブスクリプション収入バックログ 60 億 5,000 万ドル (同 21.9% 増)

    2023 年 11 月 28 日、同年 10 月 31 日に終了した 2024 年度第 3 四半期の業績を発表しました。

  • 2023年12月01日

    日本を含むグローバルの CEO、CIO、CHRO、CFO の各オフィスに属するビジネスリーダー 2,355 人の知見に基づいた本レポートでは、信頼性やデータのアクセシビリティに関する懸念があるにもかかわらず、ビジネスリーダーたちが AI と ML の潜在的な影響について楽観的であることが明らかにされています。

  • 2023年10月19日

    ワークデイ株式会社と、グローバルな組織コンサルティングファームである コーン・フェリー・ジャパン株式会社は、本日、日本におけるアドバイザリーパートナーシップ契約を開始したことを発表いたします。

  • 2023年10月12日
    サイモン・テイトがアジア太平洋地域担当プレジデントに就任

    アジア太平洋地域および日本 (APJ) を、日本と APAC (アジア太平洋地域) の 2 つのビジネスユニットに分割し、急速に拡大する日本市場により注力することで、日本およびアジア太平洋地域へのさらなる投資を行うことを発表しました。

Show 5102550100 per page

報道関係者お問い合わせ先
場所を変更するため Workday ニュースルームから離れます。よろしいですか?